大阪で司法書士・行政書士・法務コンサルタントをお探しの方は関西あおぞら合同事務所までご連絡ください。

072-869-6106

受付 9時~22時(年中無休)住道駅前
お気軽にお問い合せください。

お問い合わせ

サービス内容

相続放棄

「相続放棄」とは、一切の遺産相続をせずにすべてを放棄してしまうことを言います。人が亡くなり相続が開始すると、原則、法定相続人は法定相続分に従って遺産を相続することになります。しかし、遺産は、現金や不動産などのプラスの資産だけとは限らず、借金などのマイナスの資産も考えられます。①亡くなった人(親など)の借金は引き受けたくないと考えている人、②かかわりを持ちたくない人は、「相続放棄」をご検討ください。

相続放棄をしたいが、どのような方法があるの?
相続しても借金が上回るので相続放棄をしたい場合、他の相続人全員の承諾を得られるのであれば、遺産分割協議書にその旨を記載する方法があります。この協議書には相続人全員の押印(実印・印鑑証明書付)が必要となります。 しかし、相続人全員の承諾が得られない場合や相続人の中に行方不明者がいる場合などはこの方法は使えません。
最も効果的な方法として、家庭裁判所への申述による相続放棄があります。これは、家庭裁判所に相続放棄に必要な書類を提出し、裁判所に「受理」されることで終了します。

相続放棄の申述の期限はあるの?
相続放棄は、自己に関係する相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内にしなければなりません。これを熟慮期間といいます。被相続人(亡くなった人)の死亡を知らなかった場合、または、死亡を知っていても被相続人の借金を知らなかった場合は、熟慮のカウントは開始しません。なお、3ヶ月以内に相続財産の状況を調査しても、相続放棄するかを判断する資料が得られない場合には、相続放棄期間の伸長の申立てにより、家庭裁判所はその期間を延ばすことができます。

相続放棄手続に必要な書類
①被相続人の戸籍謄本
②被相続人の住民票除票または戸籍附票
③相続放棄をする人の戸籍謄本
④開始を知ったことを証する書面

相続放棄の手続の流れ
①相続放棄手続きに必要な書類を収集する。
②相続放棄申述書を作成し、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に提出する。
③家庭裁判所から照会書(裁判官からの質問状)が送付されたら、記入して返送する。
(質問の内容は、相続を知った時期や放棄の理由など、一般的なことが大半です。相続開始を通知された書類のコピー等を同封することを求められることもあります。)
④「相続放棄申述受理通知書」が家庭裁判所から届く。

相続放棄の申述の受理後
相続の申述が受理されると、申述人ははじめから相続人ではなかったことになります。家庭裁判所発行の相続放棄申述受理通知書または受理証明書があれば、遺産分割協議に参加する必要もなく、債権者からの取立ても免れることができます。
ただし、申述人は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもってその財産の管理を継続しなければなりません。また、いったん受理された相続放棄は、詐欺または脅迫などの特別な場合を除いて、撤回することはできません。

相続放棄の申述手続きの費用
基本料金は戸籍取得等がなければ3万6,888円(消費税込)となります。別途、戸籍等の取得もご依頼いただく場合、1通あたり報酬2,500円(消費税・実費別途)がかかります。

<モデルケース>

―――――――――――――――――――――――

種別      |司法書士報酬|  実費

――――――――+――――――+―――――――

申述書の作成  |  20,380円 |  1,270円

――――――――+――――――+―――――――

日当・交通費等 |  12,000円 |

――――――――+――――――+―――――――

小計      |  32,380円 | 1,270円

――――――――+――――――+―――――――

合計      | 33,650円 (税込36,888円)

――――――――+――――――+―――――――

お客さまの相続手続をトータルでサポート
当事務所では、相続放棄の申述の手続きだけでなく、難解な遺産分割手続や遺産承継業務も得意としております。また、提携税理士による相続税申告までフォローし、お客さまの相続手続をトータルでサポートいたします。相続手続のご相談はぜひ、関西あおぞら合同事務所へ。

 

>>遺産相続・遺言

>>遺産承継業務(遺言執行・相続財産管理業務)

>>遺産承継業務費用(司法書士報酬・実費)