関西あおぞら合同事務所|大東市住道の司法書士事務所なら関西あおぞらへ。

072-869-6106

お問い合わせ

サービス案内service

相続登記の登録免許税の免税措置

平成30年度の税制改正により、亡くなった人を登記名義人とする場合に、相続による土地の所有権の移転登記の登録免許税が免除されます。所有者不明土地が社会問題になっていますので設けられた制度です。

相続により土地を取得した方が相続登記をしないで死亡した場合

個人が相続(相続人に対する遺贈も含む)を原因として土地の所有権を取得した場合、その個人が相続によって土地の所有権の移転の登記を受ける前に死亡したときは、その個人を登記名義人とするための登記については、登録免許税を免除されることになりました。今のところ、令和7年(2025年)3月31日までの期間限定です。

相続登記の登録免許税の免税の例

夫の父親名義の土地を親族間の話し合いで夫が相続することになっていましたが、相続登記をする前に夫が亡くなったため、夫の名義にした後にその妻名義にしたいような場合です。

今回のような場合、妻名義にするには必ず夫名義にしてからでないと妻名義にすることができません。免税措置がなければ、夫名義にするときの登録免許税と妻名義にするときの登録免許税が二重でかかってくるのです。登録免許税は固定資産税評価額の0.4%かかりますので、評価額が2000万円あるのであれば8万円が免除されますので大きいですよね。

相続手続きのことなら関西あおぞら合同事務所で

当事務所では相続登記の免税措置を含め、お客さまの相続手続をトータルでサポートいたします。相続手続のご相談等、どうぞお気軽にお問い合わせください。

page-top